北新地キャバクラの女と酒に魅せられて

北新地キャバクラと私の人生を、ウイスキー片手に語りたい。

カテゴリー: 北新地キャバクラ(私の居場所)


北新地キャバクラと私の人生~第3章:別れとその後~


海辺でこちらを見ている髪の長い女性家庭内では妻との間に距離が出来ていくのに、家庭外の北新地キャバクラでは、本当の私でいることができた。

小さい子どもがいたので、離婚ということは考えていなかった。ここ、北新地キャバクラに通うことさえできれば、結婚生活もうまくやっていけると思ったのだ。

しかし、妻はそうは考えなかった。キャバクラという存在をそもそも嫌悪した。私は妻と何度か話し合いの場を持った。だが、そこで得られたのは、彼女の価値観の本当の所が私には理解できていなかった、という気づきのみだった。

常に家庭と向き合うことを強いなければ結婚生活を継続できない妻と、これ以上はやっていけないと考えた。妻もまた、私の求める「気の抜ける場所」という概念を完全には理解できず、2年に及ぶ話し合いを経て、互いに40歳を節目に、離婚する運びとなったのだ。

北新地キャバクラは、私の人生の一部である。

北新地キャバクラ嬢の巧みな話術に溺れ、ウイスキーの入ったグラスを傾ける。離婚してもう8年になる。店内の女性も入れ替わりがあったが、皆、疲れたビジネスマンを癒すことにおいてトップレベルのスキルを持っている。

妻と別れて楽になったかというと、もちろんそうであるが、独り身であってもやはり、日々気づかないうちに、鬱屈した気持ちは各所で少しずつ溜まっていくものだ。

それを癒してくれるのが、北新地キャバクラなのだ。私の人生において、姿勢のよい綺麗な女性を見ながら酒を飲み、奏でられる音楽に耳を傾け、心を洗うこの場所が、重要な一部になっている。

そして、私は今日も、北新地キャバクラへと足早に向かう。そこには、私を癒すオレンジの暖かなライトと絨毯、そして美しく穏やかな女性とウイスキーが待っている。